産業医とは?

産業医は、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師のことです。常時50名以上の労働者が働く事業場では、産業医を選任することが義務づけられています(労働安全衛生法第13条)。

産業医の職務は、労働安全衛生規則第14条第1項に規定されており、「医学に関する専門的知識を必要とするもの」と定められています。具体的には、衛生委員会への参加、職場巡視、健康診断結果の確認、健康相談、ストレスチェック高ストレス者への面談、過重労働者面談、メンタル不調者への状態把握面談など、産業保健や労働衛生の観点からさまざまな活動を行います。

産業医は、従業員の心身の健康状態や労働衛生を把握した上で、会社に「こうしておいた方がいいよ」と助言する存在です。会社と従業員の間に立って、本人の健康状態や職場状況から、最適な方法を模索する役割を果たします。近年は、健康経営においても産業医の意見が求められ、重要な存在となっています。

産業医の選任人数

産業医の選任人数は、事業場の労働者数によって異なります。以下は一般的な選任人数の目安です。

  • 0~49人の労働者:産業医は必要ありません。
  • 50~999人の労働者:嘱託産業医を1名以上選任できます。
  • 1000~3000人の労働者:専属産業医を1名以上選任できます。
  • 3001人以上の労働者:専属産業医を2名以上選任する必要があります。

なお、事業場の労働者数が常時1000人以上または、一定の有害業務に常時500名以上の労働者を従事させる事業場は、専属産業医が必要となります。

産業医の選任に関する詳細な課題があれば、お気軽にご相談ください。エリクシアでは産業医サービスを提供しており、選任や切り替えを検討されている事業所にサポートを提供しています。産業医求人の条件もいろいろです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です